イベント案内

第7回シンポジウム開催のお知らせ (2015年08月05日掲載)

藤原ナチュラルヒストリー振興財団では、来る11月15日(日)、国立科学博物館日本館講堂において、藤原ナチュラルヒストリー振興財団第7回シンポジウム「流れが運ぶ自然史」を、下記の通り開催いたします。

先着順に受け付けますので、お早めにお申し込み下さい。

藤原ナチュラルヒストリー振興財団 第7回シンポジウム

日時:
2015年11月15日(日) 13:00-16:00
場所:
国立科学博物館 日本館2階講堂
当日は職員通用口からお入り下さい。
当日会場にて飲食はできませんので、御了承下さい。
主催:
公益財団法人 藤原ナチュラルヒストリー振興財団
独立行政法人 国立科学博物館
定員:
120名
参加費:
無料
申込方法:
fujiwaranh@yahoo.co.jpに、氏名・フリガナ及びメールアドレスを書いて お申し込みください。先着順に受け付けます。

プログラム※1

13:00-13:05
開会挨拶
藤原ナチュラルヒストリー振興財団役員
13:05-13:35
「飛ばされ流された花粉や胞子が教える恐竜時代の環境」
ルグラン ジュリアン (中央大学理工学部・助教)
13:35-14:05
「海草は海流に乗って移動する?」
田中 法生 (国立科学博物館・研究主幹)
14:05-14:20
休憩
14:20-14:50
「海洋を越えたアシナガバエの分散と進化」
桝永 一宏 (滋賀県立琵琶湖博物館・専門学芸員)
14:50-15:20
「大津波と海洋生物―突然の巨大な流れが更新する沿岸環境」
大越 健嗣 (東邦大学理学部・教授)
15:30-15:45
高校生ポスター研究発表 表彰※2
閉会挨拶
藤原ナチュラルヒストリー振興財団役員
  • ※1: 財団主催の第6回高校生ポスター研究発表を同日11:00-12:00、同館4階大会議室にて開催します。こちらへの参加は申込不要です。奮ってご参加ください。
  • ※2: 高校生研究発表の優秀者等の表彰をします。

問合せ先

藤原ナチュラルヒストリー振興財団事務局
電子メール: fujiwaranh@yahoo.co.jp