公益財団法人 藤原ナチュラルヒストリー振興財団 | Fujiwara Natural History Foundation

2020.07.01 助成案内

高等学校助成募集案内 (2020年度)

2020.07.01 助成案内

学術研究助成応募要領 (2020年度)

2020.06.26 フォトコンテスト

第7回中学生・高校生フォトコンテスト開催【受付開始7月1日】

2020.06.22 助成案内

学術研究助成者 山崎博史さん(九州大学) マッドドラゴン(動吻動物)の新種3種発見

2020.05.15 助成案内

平成30年度高等学校助成(旧備品助成)結果報告

2020.04.13 情報公開

2020年度事業計画

2020.04.13 情報公開

2020年度収支予算書

2020.03.30 助成案内

学術研究助成・高等学校(旧備品)助成対象者一覧

2020.03.30 助成案内

学術研究助成対象者一覧(2019年度・第28回)

2020.03.30 助成案内

高等学校(旧備品)助成対象者一覧(2019年度・第28回)

2020.03.02 助成案内

第27回学術研究助成 研究成果報告書・決算書 (平成30年度)

2020.02.03 学術研究助成

学術研究助成(2019年度第28回)実行予算書

第6回高校生ポスター研究発表募集【本年の募集は締め切りました】 2015.08.05

募集は締め切りました。沢山の学校からお申し込みをいただきましたため、10月8日現在で枠が一杯となってしまいました。大変申し訳ございません。来年のご参加をお待ちしております。

    藤原ナチュラルヒストリー振興財団では、高校生をはじめとする若い人々のナチュラルヒストリーへの理解を深めるために、高校生のポスターによる研究発表を開催し、財団による審査の上、優秀なポスターを表彰いたします。

    つきましては、以下の募集案内をご参照の上、ふるってご応募ください。

    募集内容:
    ナチュラルヒストリーに関する研究で、高校生が主体となって行っているもの
    応募資格:
    高等学校に在籍する生徒。原則、共同研究の場合も全員が高校生であること。
    開催日時:
    2015年11月15日(日)
    時間:
    ポスター発表 | 11:00-12:00 (ポスター準備は10:00から)
    表彰式 | 15:30-15:45
    (13:00-15:30まで日本館講堂でシンポジウム開催中)
    開催場所:
    国立科学博物館 4階大会議室
    当日は職員通用口からお入り下さい。
    当日会場にて飲食はできませんので、御了承下さい。
    応募方法:
    下記のいずれかの方法にて、発表者氏名・タイトル・連絡先を財団事務局までご連絡下さい。財団から返信メールにて詳細をお知らせ致します。
    1)e-mail : 件名は「ポスター応募」と書いて下さい。fujiwaranh@yahoo.co.jp
    2)財団HPのメールフォーム : 同上 メールフォーム
    3)FAX : 参加申込書を送信(上記の参加申込書をダウンロード)
    応募締め切り:
    10月23日(金) (応募及び要旨。要旨が間に合わない場合はその旨ご連絡下さい)
    発表形態:
    11月15日(日)の11:00よりポスター発表時間を設けます。発表者は展示ポスターの前で解説し質問に答えます。
    ポスター:
    サイズ等の詳細は、参加者に後日ご連絡いたします。
    審査:
    財団が定める審査員若干名が最優秀賞(1件)、優秀賞(2件)を決定し、財団は賞状と記念品をもって表彰します。なお、発表者全員に参加賞を授与します。
    • ※ ポスター発表は先着16件まで受け付けます。1校で複数件の応募ができます。ただし、16件を超えた場合、発表件数の調整をする可能性があります。
    • ※ シンポジウムは参加費無料です。ポスター発表にあたり旅費その他の経費は自己負担になります。受賞者の発表等は財団ホームページに掲載いたします。

    問合せ先

    藤原ナチュラルヒストリー振興財団事務局
    電話 03-3713-5635 FAX 03-6452-4556

公益財団法人 藤原ナチュラルヒストリー振興財団

〒153-0051
東京都目黒区上目黒1丁目26番1号
中目黒アトラスタワー313
TEL
03-3713-5635

当財団は、ナチュラルヒストリーの研究の振興に寄与することを目的に、1980年に設立され、2012年に公益財団法人に移行しました。財団の基金は故藤原基男氏が遺贈された浄財に基づいています。氏は生前、活発に企業活動を営みながら、自然界における生物の営みにも多大の関心をもち続け、ナチュラルヒストリーに関する学術研究の振興を通じて社会に貢献することを期待されました。設立以後の本財団は、一貫して、高等学校における実験を通じての学習を支援し、また、ナチュラルヒストリーの学術研究に助成を続けてきました。2019年3月までに、学術研究助成773件、高等学校への助成95件を実施しました。