ナチュラルヒストリーを学び、究める。公益財団法人藤原ナチュラルヒストリー振興財団

新着情報

カテゴリ: フォトコンテスト

2017年9月29日

第9回ナチュラルヒストリーフォトコンテスト開催【10月1日から募集開始】

カテゴリ: 高校生ポスター発表

2017年8月10日

第8回高校生ポスター研究発表募集【10月4日で締め切りました】

カテゴリ: シンポジウム

2017年8月10日

第9回シンポジウム開催のお知らせ

カテゴリ: フォトコンテスト

2017年7月 3日

第4回中学生・高校生フォトコンテスト開催

カテゴリ: 情報公開

2017年6月30日

平成29(2017)年度役員名簿

カテゴリ: 助成案内

2017年6月30日

高等学校助成募集案内 (平成29年度)

カテゴリ: 助成案内

2017年6月30日

学術研究助成応募要領 (平成29年度)

第2回中学生・高校生フォトコンテスト結果発表および受賞作品・コメント (2015年11月30日)

第2回中学生・高校生フォトコンテストの審査結果を発表します。以下は審査委員長からの講評、受賞作品および受賞者のコメントになります。

後日、応募いただいた全作品を掲載する予定です。

講評

平成 27 年度 第 2 回の中学生・高校生フォトコンテストは、初回に続きテーマを「身近な自然史」として、2015 年 7 月 1 日~9 月 30 日の応募期間で行った。

今回のフォトコンテストの応募作品は、52 作品。そのうちメールでの応募は 43 作品、郵送は 9 作品であり、海外の日本人学校からは 15 作品の応募があった。一次審査の結果、10作品が選ばれ、その中から「a-42. 潤す」が最優秀作品に、「a-2. 虹」、「a-37. 時を超えて」が優秀賞作品に決定した。それ以外の2次審査まで進んだ 7 作品を佳作とした。

今回は、初回より応募総数は減少したが、中高生の力作が集まった。「身近な自然史」というテーマに対しどのような応募作品にするか、というにそれぞれの応募者の個性が出るところであり、「身近な」と「自然史」というキーワードに対する応募者の解釈が反映されるところでもある。

最優秀作品の「a-42. 潤す」は、それほど珍しくもないアゲハチョウであるが、公園内で群がって給水しているという瞬間を写したものであり、「身近な自然史」をうまく表現したものとして評価された。優秀作品の2点もそれぞれの応募者の感性が感じられる作品である。

藤原ナチュラルヒストリー振興財団のフォトコンテストは、単に写真としての完成度を見るのではなく、写真を通じてどのように「自然史」を感じ、それを表現するかに重点が置かれている。特に中高生部門では、若い人たちが自然に対して持っている、個性的な感性の表現を期待している。

審査委員長 伊藤元己 (東京大学教授・財団理事)

【最優秀賞】

「潤す」 (a-42 | 右田 陽 | 攻玉社中学校 3年)

最優秀賞を頂き有難うございました。この写真は暑くなり始めた5月下旬に、公園の川沿いの湿地でナミアゲハ18頭が集団吸水しているのを見つけ、吸水している蝶の目線から写そうと思い、逃げないようギリギリまで近づいて低い位置から撮影しました。この受賞を励みに、これからも自然や生き物の写真を撮っていきたいと思います。

【優秀賞】

「虹」 (a-2 | 七條 怜 | ブラッセル日本人学校 中学3年)

七月七日、七夕の日、空に架かる二重の虹を見て感動し、思わずシャッターを押しました。まるで空が三つに分断されているように色もくっきり分かれていて、神秘的な光景でした。今回、優秀賞という名誉ある賞を受賞する事が出来て非常に嬉しく思っています。

「時を超えて」(a-37 | 大松 智也 | 私立広島学院高等学校 2年)

まさか優秀賞という素晴らしい賞をいただけるとは思っていなかったので、知らせを聞いて、とても驚きました。僕の写真だけでなく、そこに写っているゴギも評価されたのかなと思うと、とても嬉しいです。今、開発や乱獲で数が激減している彼らにずっと遊んでもらえたらと願っています。

【佳作】

「働き蜂」 (a-1 | 中村 大地 | ブラッセル日本人学校 中学3年)

このような賞に選ばれるのは初めてなので大変うれしく思っています。もし、僕の作品を見て、自然の魅力を感じて頂いたら幸いです。今回はラベンダーの写真だったので、ベルギーならではの写真だったと思います。

「獲物をとらえて」 (a-5 | 中島 真秀 | 東京都日野市立大阪上中学校 2年 )

このたびは、入選することができとても嬉しく思っています。「朝近くの川の橋で、日の出の写真を撮影しようと待っていたところ、沢山の鳥がいました。その中で1羽の鳥が水面近くから急上昇してきたので、シャッターを急いで押しました。後で、良く見てみると魚を足につかんでいました。この鳥の様子を見て、生物の生命力をこの写真から感じることができました。」

「佇むもの」 (a-21 | 森田 茉李映 | 東京都立両国高等学校 2年)

この写真ではよく目を凝らしていただくと蜘蛛からおこぼれを頂戴するかの如く蝿でしょうか、蜘蛛が捕えた獲物を食べている姿があります。しかし、フレームを少しずらすと同じ虫たちが数多く蜘蛛に捕えられているのです。コスモス畑の奥深く、大きな体で静かに佇むその蜘蛛から、多くの命を感じた瞬間でした。

「潮溜まりの内から」 (a-27 | 石川 | 慶応義塾湘南藤沢高等部 1年)

昨年に続き賞をいただけたことを光栄に思います。高校入学と同時に、神奈川県に引っ越してきました。江ノ島の潮溜まりを覗くと、自分をまた覗き返す奴がいました。しばらくにらみ合った後に撮った一枚です。長い間岩場にしゃがんでいたので、腰が痛くなりました。

「えっ!中国に氷河?」 (a-28 | 大久保 花美 | 上海日本人学校高等部 1年)

今回は、このような賞をいただくことができて本当に光栄です。お気に入りの1枚で選ばれたのでとてもうれしいです。私は、写真を撮ることが大好きなので写真部として個人として、これからも楽しく撮っていきたいです。

「君は今、何処へ」 (a-31 | 有野 佐恵 | 山梨県立甲府第一高等学校 2年)

葉の裏に残されていたセミの抜け殻は、西日に照らされて、きらきらと輝いていました。隠れるように残されたその姿に、人知れず生まれ、死んでゆく命の確かな存在を感じました。発見したときの驚きと感動を伝えたい、と撮影しました。命の気配を感じとり、伝えられるようにこれからも写真を撮っていきたいと思います。

「無限」 (b-2 | 大倉 優奈 | ブラッセル日本人学校 中学3年)

受賞したと聞いたときは、嬉しさより驚きの方が大きかったように思います。写真に興味はあったものの、賞をいただいたことはなかったので今回、受賞することができて光栄でした。これからも、写真を通して多くの人と共有できたらと思います。ありがとうございました。