公益財団法人 藤原ナチュラルヒストリー振興財団 | Fujiwara Natural History Public interest incorporated Foundation

2020.03.30 助成案内

学術研究助成・高等学校(旧備品)助成対象者一覧

2020.03.30 助成案内

学術研究助成対象者一覧(2019年度・第28回)

2020.03.30 助成案内

高等学校(旧備品)助成対象者一覧(2019年度・第28回)

2020.03.02 助成案内

第27回学術研究助成 研究成果報告書・決算書 (平成30年度)

2020.02.03 助成案内

第28回学術研究助成 実行予算書 (2019年度)

2019.07.01 助成案内

学術研究助成応募要領 (2019年度)

2019.07.01 助成案内

高等学校助成募集案内 (2019年度)

2019.06.24 助成案内

第26回(平成29年度)学術研究助成 研究成果報告書

2019.04.19 助成案内

平成29年度高等学校助成(旧備品助成)結果報告

2019.03.22 助成案内

学術研究助成・高等学校(旧備品)助成対象者一覧

2019.03.22 助成案内

学術研究助成対象者一覧(平成30年度・第27回)

2019.03.22 助成案内

高等学校(旧備品)助成対象者一覧(平成30年度・第27回)

学術研究助成応募要領(平成27年度) | 2015年7月 1日

助成の趣旨

近年、「ナチュラルヒストリー」 の研究に対する助成も漸く活発になりつつありますが、その研究は多岐にわたっており、助成は必ずしも十分とはいえません。

当財団は、このような状況を考慮し、ナチュラルヒストリーの研究を行っている研究者または研究グループに助成を行うことによって、ナチュラルヒストリーに関する研究の益々の発展に寄与しようとするものであります。また、選考は特に他の機関から助成されにくい研究者を優先します。

なお、助成金を学会関係(学会への旅費・参加費・年会費等)に使用することは認められません。また、間接経費も認められませんので、ご注意下さい。

[全文を読む]

平成25年度備品助成結果報告 | 2015年6月10日

平成25年度備品助成校(東京都立八王子東高等学校・静岡県立掛川西高等学校)からの助成報告書のダウンロードができます。

[全文を読む]

学術助成・備品助成対象者一覧 | 2015年2月25日

【2015/2/25更新】2014年度までに当財団が行った学術研究助成と備品助成の一覧です。PDFファイルになっておりますので、下のリンクからダウンロードして下さい。

学術研究助成応募要領(平成26年度) | 2014年7月23日

助成の趣旨

近年、「ナチュラルヒストリー」 の研究に対する助成も漸く活発になりつつありますが、その研究は多岐にわたっており、助成は必ずしも十分とはいえません。

当財団は、このような状況を考慮し、ナチュラルヒストリーの研究を行っている研究者または研究グループに助成を行うことによって、ナチュラルヒストリーに関する研究の益々の発展に寄与しようとするものであります。特に他の機関から助成されにくい研究を優先します。

なお、助成金を学会関係(学会への旅費・参加費・年会費等)に使用することは認められませんので、ご注意下さい。

[全文を読む]

備品助成募集案内(平成26年度) | 2014年7月 8日

当財団では、広く全国のナチュラルヒストリーの研究者を対象に研究助成を、また初等中等教育機関におけるナチュラルヒストリーの学習支援、並びに教員の研究活動に必要な実験器材や教材等への助成を行っております。全国の高等学校だけでなく、各国の日本人学校の高等部まで対象を広げ、生物の授業に必要な備品の助成を下記の通り募集いたします。

なお、今年度より、助成条件が変更となっておりますので、ご注意下さい。

また、その他の事業として、ナチュラルヒストリーに関するシンポジウム(本年度は11月16日(日)、テーマは「大地に刻まれた生命の自然史」)並びに高校生のポスター研究発表の同時開催を予定しております。さらに、今年度から、中学生・高校生を対象にナチュラルヒストリーを題材としたフォトコンテストを開催することとなりました。いずれも、当財団ウェブサイトにて詳細をご覧いただけます。是非ご参加下さい。

[全文を読む]

公益財団法人 藤原ナチュラルヒストリー振興財団

〒153-0051
東京都目黒区上目黒1丁目26番1号
中目黒アトラスタワー313
TEL
03-3713-5635

当財団は、ナチュラルヒストリーの研究の振興に寄与することを目的に、1980年に設立され、2012年に公益財団法人に移行しました。財団の基金は故藤原基男氏が遺贈された浄財に基づいています。氏は生前、活発に企業活動を営みながら、自然界における生物の営みにも多大の関心をもち続け、ナチュラルヒストリーに関する学術研究の振興を通じて社会に貢献することを期待されました。設立以後の本財団は、一貫して、高等学校における実験を通じての学習を支援し、また、ナチュラルヒストリーの学術研究に助成を続けてきました。2019年3月までに、学術研究助成773件、高等学校への助成95件を実施しました。