ナチュラルヒストリーを学び、究める。公益財団法人藤原ナチュラルヒストリー振興財団

シンポジウム

一般の方々並びに高校生をはじめとする若い人々のナチュラルヒストリーへ理解を深めるために、公開シンポジウムを開催しております。

第6回シンポジウム「大地に刻まれた生命の自然史」(2014年11月16日)
会場全景

新着情報

カテゴリ: 助成案内

2020年3月 2日

第27回学術研究助成 研究成果報告書・決算書 (平成30年度)

カテゴリ: 助成案内

2020年2月 3日

第28回学術研究助成 実行予算書 (2019年度)

カテゴリ: フォトコンテスト

2020年1月31日

第11回ナチュラルヒストリーフォトコンテスト結果発表および受賞作品・コメント

カテゴリ: フォトコンテスト

2020年1月31日

第11回ナチュラルヒストリーフォトコンテスト・全作品公開

カテゴリ: フォトコンテスト

2019年12月25日

第6回中学生・高校生フォトコンテスト(2019)・全作品公開

カテゴリ: シンポジウム

2019年12月17日

第11回シンポジウム「光の自然史」感想

カテゴリ: 高校生ポスター発表

2019年12月17日

第10回高校生ポスター研究発表報告

HOME / シンポジウム

第11回シンポジウム「光の自然史」感想 | 2019年12月17日


藤原ナチュラルヒストリー振興財団第11回シンポジウムは、「光の自然史」をテーマとして、11月17日(日)に例年通り国立科学博物館の日本館2階講堂で開催された。今年度は162名の参加者があり、そのうち半数以上が高校生であった。

「光」をテーマとして、海の生き物、昆虫、植物、そしてモササウルスの眼に関する講演が4人の演者により行われた。各講演の後の質問時間の他にも、シンポジウムの休憩時間・閉会後にも聴衆と各演者との歓談や質問される姿が多くみられ、聴衆・演者双方より「大変良い経験となった」、「学ぶことの楽しさを改めて感じた」というご感想等をいただいた。


[全文を読む]

第11回シンポジウム開催のお知らせ【11月15日受付終了しました】 | 2019年8月13日


【11月15日 定員に達しましたので、参加受付は終了いたしました】


当財団では、来る11月17日(日)、国立科学博物館日本館講堂において、藤原ナチュラルヒストリー振興財団第11回シンポジウム「光の自然史」を、下記の通り開催いたします。

先着順に受け付けますので、お早めにお申し込み下さい。


[全文を読む]

第10回シンポジウム「海洋島の自然史」感想 | 2018年12月14日


藤原ナチュラルヒストリー振興財団第10回シンポジウムは、「海洋島の自然史」をテーマとして、11月18日(日)に例年通り国立科学博物館の日本館2階講堂で開催された。今年度は161名の参加者があり、そのうち半数近くが高校生であった。

「海洋島」がテーマということで、主に小笠原諸島とガラパゴスに関して4人の演者による講演があったが、聴衆の方々からは「1つのテーマを色々な分野・角度からの話しが聴けて大変面白かった」、「これからもっと知識を広げていきたい」というご感想等をいただいた。

[全文を読む]

北海道シンポジウム 講演要旨 | 2018年11月12日

10月14日(日)、北海道大学理学部大講堂において開催いたしました、北海道シンポジウム「恐竜と鳥のはざま」の要旨を掲載いたします。


「恐竜と鳥のはざま」講演要旨(PDF/908KB)

北海道シンポジウム  レポート | 2018年11月12日

2018年10月14日(日)に、北海道シンポジウムを開催いたしました。2名の財団理事より寄稿されましたレポートを掲載いたします。

なお、当日の講演者の方々のうち、森本元氏は、当財団の学術研究助成を平成22年度第19回にお受けになられた方です。

[全文を読む]